Academic works

著書: Books

  1. 高木聡一郎(2019)「デフレーミング戦略 アフター・プラットフォーム時代のデジタル経済の原則」、翔泳社.【単著】
  2. Melanie Swan, Jason Potts, Soichiro Takagi, Frank Witte, Paolo Tasca ed. (2019), Blockchain Economics: Implications of Distributed Ledgers. World Scientific. 【共編】
  3. 高木聡一郎(2018)「(講演録)ブロックチェーンと生産性向上」大橋弘・財務省財務総合政策研究所編著『イノベーションの研究 生産性向上の本質とは何か』金融財政事情研究会.
  4. 高木聡一郎(2017)編著「ブロックチェーンのフロンティア」智場121号、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター (2017/8/25発売). 【編著】https://www.amazon.co.jp/dp/4904305159/.
  5. 高木聡一郎(2017)「ブロックチェーン・エコノミクス 分散と自動化による新しい経済のかたち」翔泳社 (2017/4/15発売). 【単著書籍】
  6. Soichiro Takagi (2017) Reweaving the Economy: How IT Affects the Borders of Country and Organization. University of Tokyo Press, February 2017. 【単著書籍】
  7. 高木聡一郎(2016)「学び直しの方法論 社会人から大学院へ進学するには」インプレスR&D. Kindle版(2016/8/26発売)およびオンデマンド・ペーパーバック版(2016/8/29発売).【単著書籍】
  8. 高木聡一郎(2014)「オープンデータによる地方議会活性化の可能性」早稲田大学マニフェスト研究所 議会改革調査部会編『あなたにもできる 議会改革 改革ポイントと先進事例』第一法規.【共著書籍】pp. 164-167
  9. 高木聡一郎・小豆川裕子 (2009)「先行研究のサーベイと本研究の枠組み」pp.1-25(担当部分はpp.1-9), 及び, 高木聡一郎・中麻弥美 (2009)「日本企業における知識資産経営の実践事例」pp.89-120, 小豆川裕子・三好博昭編著『知識資産経営と組織パフォーマンス』白桃書房【共著書籍】
  10. 高木聡一郎・城山英明(2007)「連携ガバナンス」細野助博・城山英明・森田朗編著『科学技術の公共政策』中央大学出版部, pp.202-207【共著書籍】
  11. 城山英明・奥村裕一・高木聡一郎監訳(2006)、スティーブン・ゴールドスミス、ウイリアム・D・エッガース著『ネットワークによるガバナンス』、学陽書房【監訳】
  12. 高木聡一郎(2005)「自由討議の場のオルタナティブ」、原科幸彦編著『市民参加と合意形成』学芸出版社(書籍として環境共生学会著述賞受賞), pp.91-114.【共著書籍】
  13. 高木聡一郎(2005)「現状と課題」、岩崎正洋編著『eデモクラシーシリーズ第1巻 eデモクラシー』日本経済評論社, pp. 113-141 【共著書籍】
  14. 高木聡一郎(2004)「開設準備」、金安岩男、長坂俊成、新開伊知郎編著『電子市民会議室のガイドライン』学陽書房, pp. 78-97【共著書籍】
  15. 高木聡一郎(2004)「NPO-市民参加の推進者へ向けて」、岩崎正洋編著『eデモクラシーと行政・議会・NPO』一藝社, pp. 139-180【共著書籍】 

査読付き学術論文: Peer-Reviewed Academic Articles

  1. Takagi, Soichiro. Literature survey on the economic impact of digital platforms. The International Journal of Economic Policy Studies (2020, Online first), https://doi.org/10.1007/s42495-020-00043-0.
  2. Takagi, Soichiro. 2019. “Does Blockchain “Decentralize” Everything?” in ed. Melanie Swan, Jason Potts, Soichiro Takagi, Frank Witte, Paolo Tasca, Blockchain Economics: Implications of Distributed Ledgers. World Scientific.
  3. Takagi, Soichiro. 2017. Organizational Impact of Blockchain through Decentralized Autonomous Organizations, The International Journal of Economic Policy Studies Vol.12, Article 2, pp.22-41. http://en.jepa.jp/wp-content/uploads/2018/06/IJEPS2017_2_TAKAGI.pdf.
  4. Takagi, Soichiro and Tanaka, Hideyuki. 2014. “Macroeconomic Analysis of Cloud Computing.” 『経済政策ジャーナル: Journal of Economic Policy Studies』Vol.11, no.2, pp.55-58.
  5. Takagi, Soichiro and Tanaka, Hideyuki. 2014. “Information Technology and the Organizational Structure of Modern Business Outsourcing” The International Journal of Economic Policy Studies Vol.9: 1-19. [PDF]
  6. Takagi, Soichiro. 2014. “Research Note: An Introduction to the Economic Analysis of Open Data.” The Review of Socionetwork Strategies 8, no.2, pp.119-128. [HP]
  7. Takagi, Soichiro and Tanaka, Hideyuki. (2014) “Globalization of Information Services and the Industrial Structure of the Japanese Economy.” The Review of Socionetwork Strategies 8, no.1: 19-33. [HP]
  8. Takagi, Soichiro and Tanaka, Hideyuki. (2012) “International Trade of Information Services, and its Effect on Productivity and Industrial Structure in Japan”. Global Business & Economics Anthology, Volume II, December 2012, pp.334-345.
  9. Takagi, Soichiro and Tanaka, Hideyuki (2012) “Offshore Outsourcing of Information Services and its effect on Productivity in Japan”,『社会・経済システム: Social and Economic Systems Studies』, No.33, pp.107-114.
  10. Takagi, Soichiro and Tanaka, Hideyuki. (2012) “Offshore Outsourcing of IT-services and Employment in Japan”, 『経済政策ジャーナル: Journal of Economic Policy Studies』, Vol.9, no.2, pp.29-32.
  11. Takagi, Soichiro, Tanaka, Hideyuki and Sonoda, Shigeto. (2011) “Foreign Direct Investment in Service Sector and National Culture”, 『経済政策ジャーナル: Journal of Economic Policy Studies』, Vol.8, no.2, pp.83-86.

ディスカッション・ペーパー等:Working papers, Discussion Papers

  1. Soichiro Takagi (2017) “Social Capital and Blockchain-based Digital Currencies”, GLOCOM Discussion Paper Series No.8 (17-006). http://www.glocom.ac.jp/disccussionpaper/dp08New!
  2. Soichiro Takagi, Hideyuki Tanaka, Makoto Takemiya, Yasushi Fujii (2017) “Blockchain-Based Digital Currencies for Community Building”, GLOCOM Discussion Paper Series No.6 (17-004). http://www.glocom.ac.jp/wp-content/uploads/2017/06/GLOCOMDISCUSSIONPAPER_No6_2017No.4.pdf.
  3. Soichiro Takagi (2017) “The Impact of Central Bank Digital Currency: From a Functional Perspective”, GLOCOM Discussion Paper Series No.5 (17-003). http://www.glocom.ac.jp/wp-content/uploads/2017/05/GLOCOMDISCUSSIONPAPER_No5_2017-No003e.pdf

国際学会発表: Presentation at International Conferences

  1. Watanabe, Ichiro and Takagi, Soichiro (2019) “Mapping Technological Trajectories as Patent Citation Networks: A Study on the Technological Field of Computer Graphic Processing Systems” at The 18th International Conference of the Japan Economic Policy Association at Chuo University, Tokyo, November 16, 2019.
  2. Liu, Zhaoyuan and Takagi, Soichiro (2019) “An Analysis of Strategic Housing Market Assessment as an Evidence for the UK Local Housing Policy” at The 18th International Conference of the Japan Economic Policy Association at Chuo University, Tokyo, November 17, 2019.
  3. Takagi, Soichiro (2016) “The Impact of Blockchain: The Next Generation Internet and Organizations”, The 15th International Conference of the Japan Economic Policy Association, Oct.30, 2016, at Oonuma, Hakodate, Hokkaido, Japan.
  4. Takagi, Soichiro and Tanaka, Hideyuki. (2013) “Information Technology and Modern Business Organization”, The 12th International Conference of the Japan Economic Policy Association at Sapporo, Japan.
  5. Takagi, Soichiro and Tanaka, Hideyuki. (2012) “International Trade of Information Services, and its Effect on Productivity and Industrial Structure in Japan”. July 2012 Business & Economics Society International Conference at Salzburg, Austria.
  6. Takagi, Soichiro and Tanaka, Hideyuki. (2011), “Globalization of Information Services and Industrial Structure of Japanese Economy” at 10th International Conference of Japan Economic Policy Association at Nishinomiya, Japan.

学会発表: Presentation at Academic Conferences in Japan

  1. Takagi, Soichiro and Shibuya, Yuya (2019) “Macroeconomic Modeling of the Recovery from Natural Disaster”,  社会・経済システム学会第38回大会, 2019年10月26日.
  2. 高木聡一郎(2019)「A Literature Survey on the Economic Impact of Digital Platforms」日本経済政策学会 第76回全国大会、2019年6月2日.
  3. 田中秀幸・高木聡一郎(2015)「ICT産業のイノベーション・ケイパビリティに関する研究」社会・経済システム学会 第34回大会、2015年10月25日、pp.95-98.
  4. 田中秀幸・高木聡一郎(2015)「インフラとしてのオープンデータ -政府・自治体保有データのオープン化が日本経済に及ぼす影響-」日本経済政策学会 第72回全国大会
  5. Takagi, Soichiro and Tanaka, Hideyuki. (2013) “Macroeconomic analysis of cloud computing”, 70th conference of Japan Economic Policy Association at Tokyo, Japan. (日本経済政策学会)
  6. Takagi, Soichiro and Tanaka, Hideyuki. (2013) “Macroeconomic analysis of cloud computing in Japan”, 17th conference of Japan Association for Evolutionary Economics at Tokyo, Japan. (進化経済学会)
  7. Takagi, Soichiro and Tanaka, Hideyuki. (2011), “Offshore Outsourcing of IT-services and its Effect on the Productivity of Japanese Economy” at 30th conference of The Japan Association for Social and Economic Systems Studies.(社会・経済システム学会)
  8. Takagi, Soichiro and Tanaka, Hideyuki. (2011) “Offshore Outsourcing of IT-services and Employment in Japan” at 68th annual conference of Japan Economic Policy Association.(日本経済政策学会)
  9. Takagi, Soichiro and Tanaka, Hideyuki. (2010) “Academic Frontier of Globalization of IT-service industry: A Review from International and Spatial Economics Perspective”at annual conference of The Japan Association for Social and Economic Systems Studies. (社会・経済システム学会)
  10. Takagi, Soichiro, Tanaka, Hideyuki and Sonoda, Shigeto.(2010) “Foreign Direct Investment in Service Sector and National Culture” at annual conference of Japan Economic Policy Association. (日本経済政策学会)
  11. 高木聡一郎・小豆川裕子(2009)「知識資産経営と経営の諸要素に関する事例分析」経営情報学会 2009年春季研究発表大会.
  12. 高木聡一郎(2006)「行政・企業・NPO等のネットワークによるガバナンス」日本公共政策学会 10周年記念大会 パネルディスカッション「連携ガバナンス-市民、NPO、企業、自治体の連携による政策形成」.
  13. 高木聡一郎(2006)「市民参加へのICT活用における課題」日本計画行政学会 関東支部研究集会「市民参加と合意形成の新展開」.
  14. Iwasaki, Masahiro and Takagi, Soichiro (2004) “E-democracy in Japan” 日本国際政治学会 日韓国際政治学会合同シンポジウム.
  15. 高木聡一郎(2003)「計画策定への市民参加におけるICT活用可能性について」日本計画行政学会 第26回全国大会.
  16. 高木聡一郎(2003)「基調報告1 調査の背景と調査結果の概要」日本計画行政学会 第26回全国大会 ミニシンポジウム「計画づくりの合意形成」.
  17. 高木聡一郎、錦澤滋雄、杉崎和久、原科幸彦(2003)「市民参加によるマスタープランづくり -その2 調査結果の概要」、日本建築学会大会、中部大学、日本建築学会大会学術講演梗概集、pp. 681-682.
  18. 錦澤滋雄、原科幸彦、吉村輝彦、杉崎和久、高木聡一郎(2003)「市民参加によるマスタープランづくり -その1 研究の枠組」、日本建築学会大会、中部大学、日本建築学会大会学術講演梗概集、pp.679-680.

招待論文・講演等: Invited articles, Lectures

  1. Soichiro Takagi (2019) “Challenges facing a cashless Japan”, East Asia Forum, November 12, 2019. https://www.eastasiaforum.org/2019/11/12/challenges-facing-a-cashless-japan/.
  2. 高木聡一郎(2019)「デジタル経済における「信頼」をめぐる新展開」東京大学大学院情報学環紀要 情報学研究, No.97(October 2019).
  3. 高木聡一郎(2019)「分散台帳技術を用いた非中央集権的ガバナンスの理想と現実」『グローバリズム再考:国際経済秩序を揺るがす危機要因の研究 「世界経済研究会」報告書』、日本国際問題研究所.
  4. 高木聡一郎(2018)「第8章 ブロックチェーンと生産性向上(講演録)」「イノベーションを通じた生産性向上に関する研究会」報告書、財務省財務総合政策研究所、2018年3月. http://www.mof.go.jp/pri/research/conference/fy2017/inv2017.htm.
  5. 高木聡一郎(2016)「ブロックチェーンの基本と発展」『情報処理』、2016年12月号、pp.1188-1191.
  6. 高木聡一郎(2016)「オープンデータ・シェアリング・ブロックチェーンに見る分散型社会の可能性と課題」情報文化学会 第24回全国大会 基調講演、2016年11月5日.New
  7. 田中秀幸、高木聡一郎(2015)「インフラとしてのオープンデータ 政府・自治体保有データのオープン化が日本経済に及ぼす影響」『フィナンシャル・レビュー』平成 27 年第4号(通巻第 124 号)、2015 年 10 月 、財務省財務総合政策研究所. [PDF]
    English version: Hideyuki Tanaka and Soichiro Takagi (2016) “Open Data as an Infrastructure —Impact of Availability of Government Data as Open Data on the Japanese Economy—”, Public Policy Review, Policy Research Institute, Ministry of Finance, Japan, Vol.12, No.1, March 2016. [PDF]
  8. 高木聡一郎(2013)「オープンデータ活用:7.海外における活用環境整備」『情報処理』Vol.54, No.12. pp.1232-1237.
  9. 高木聡一郎(2013)「欧州におけるオープンデータ政策の最新動向」『情報管理』2013年1月号 科学技術振興機構, pp.746-753.

政府等委員就任歴 

About meをご覧ください。

メディア掲載: Media Coverage

  1. 日経電子版 出世ナビ フロンティアの旗手たち「理想のスマートシティーは? デジタルで変わる職と住」アフターコロナのDX(上), https://style.nikkei.com/article/DGXMZO61885070T20C20A7000000?channel=DF271120195639.
  2. 日経COMEMO KOLインタビュー「デフレーミングでコロナのような危機的状況でも強い組織になれる」2020年7月29日, https://comemo.nikkei.com/n/n51bd07b2b0a2?magazine_key=mb7af516ae320.
  3. 日本経済新聞朝刊(2020年7月30日)「スマートシティの説明責任」経済教室 私見卓見.
  4. インタビュー掲載:「ブロックチェーンの「理念」と社会制度・ビジネスニーズとのせめぎ合いが続く」, IS Magazine, 2019 Spring No.23.
  5. インタビュー掲載:美術手帖「ブロックチェーン応用事例 有識者に聞く2」2018年12月号. Vol.70, No.1073.
  6. 読売新聞朝刊(2018年2月3日)論点「仮想通貨 問われる存在意義」http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20180202-118-OYTPT50451/list_COMMENTARY.
  7. コメント掲載:日本経済新聞電子版「資金調達「ICO」自主ルール模索 新たな手段に法規制なく  事業者、信任向上狙う 情報に透明性 協議会から助言 」2017年10月9日付、https://www.nikkei.com/article/DGKKZO21984020W7A001C1TCJ001/.
  8. 対談記事掲載:特集フィンテックがもたらす破壊的な変革, Value Talk, PwC「Value Navigator」2017 Autumn.
  9. インタビュー掲載:日立製作所Executive Foresight Online「新たな企業経営のかたちを探る【ブロックチェーン×経営】 ブロックチェーンが社会を変える」第1回:価値の交換の新しいインフラ、第2回:仮想通貨を超えるさまざまな活用法、第3回:貨幣、企業、組織はどう変わる? 2017年8月10日公開.
  10. インタビュー掲載:エキスパートインタビュー「ブロックチェーンは組織のあり方を変える可能性を秘めています」MELTOPIA, 平成29年7月1日発行, 三菱電機株式会社. http://www.mitsubishielectric.co.jp/meltopia/backnumber/2017/index.html.
  11. 講演内容掲載:「トヨタがブロックチェーンに挑むワケ 即時性と拡張性を高める開発進む」日経Automotive, August 8, 2017, p.22-23.
  12. インタビュー掲載:「ブロックチェーンは独自通貨を持つ企業国家を生み出す? GLOCOMの専門家にインタビュー」, EnterprizeZine, 2017年5月31日公開, http://enterprisezine.jp/article/detail/9201.
  13. インタビュー掲載:「「評価軸ver1.0」のポイントと策定の意義 ブロックチェーンの行く末」、週刊BCN 2017年5月8日、Vol.1676.
  14. コメント掲載:日経Automotive, 「新しいシェアカーにブロックチェーン」, p.43, 2017年3月号
  15. インタビュー掲載:「【誰でもわかる】ブロックチェーンって? ビットコインを支える技術の正体」BuzFeed, 2016年11月6日, https://www.buzzfeed.com/sakimizoroki/blockchain-explainer?utm_term=.gjEmPqERr3#.to4m8k35v2.
  16. 解説:日本経済新聞電子版「ブロックチェーンって何?その可能性は」2016年10月18日公開、http://www.nikkei.com/video/5174784189001/.
  17. 紹介記事掲載:注目の大学人、日経産業新聞、2016年9月25日.
  18. インタビュー掲載:NHKニュース7、2016年9月25日、http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160925/k10010706461000.html.
  19. コメント掲載:Yomiuri Online「仮想通貨ビットコインの意外なその後」, 2016年08月22日, http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20160819-OYT8T50013.html.
  20. インタビュー記事:「今さら聞けないブロックチェーンの基本と仕組み、なぜ「無限の使い方」が可能なのか」http://www.sbbit.jp/article/cont1/324892016年08月10日公開. 【インタビュー記事】New!

一般向け雑誌/Web記事: Articles for General Public

  1. 高木聡一郎(2020)「デジタルで融解する都市の境界」日経COMEMO, https://comemo.nikkei.com/n/n3e593f055ef3.
  2. 高木聡一郎(2020)「サイバー空間でプロスポーツ選手が競い合う 〜バーチャル版ツール・ド・フランスに見る身体性とデジタル・ツイン~」日経COMEMO, https://comemo.nikkei.com/n/n62261c9a2d92.
  3. 高木聡一郎(2020)「スマートシティのアカウンタビリティ問題を考える」日経COMEMO, https://comemo.nikkei.com/n/n21c3ba1dfc29.
  4. 高木聡一郎(2020)「Society 5.0時代の都市の集積とは」日経COMEMO, https://comemo.nikkei.com/n/ne139d6a6c8d9.
  5. 高木聡一郎(2020)「アフターコロナの都市をデフレーミングから考える」日経COMEMO, https://comemo.nikkei.com/n/nad68613acfcc.
  6. 高木聡一郎(2020)「アフター・コロナの雇用と労働:2つのシナリオ」日経COMEMO, https://comemo.nikkei.com/n/ne01e1da1798f.
  7. 高木聡一郎(2020)「ボトムアップのコロナ対策には高次元の透明性が必要」日経COMEMO, https://comemo.nikkei.com/n/ne6320e9cdd7a.
  8. 高木聡一郎(2020)「DXの本質がわかる「デフレーミング」とは何か」日経COMEMO, https://comemo.nikkei.com/n/nc98f0067669e.
  9. 高木聡一郎(2019)「個人化するイノベーションに対応した都市戦略が必要だ」GLOCOM OPINION PAPER No.26. http://www.glocom.ac.jp/wp-content/uploads/2019/03/GLOCOM_OpinionPaperNo.26_19-003b.pdf.
  10. 書評 レイチェル・ボッツマン著「TRUST 世界最先端の企業はいかに<信頼>を攻略したか」一人一冊、週間金融財政事情 2018年11月19日号.
  11. 書評 落合陽一著「日本再興戦略」一人一冊、週間金融財政事情 2018年5月21日号.
  12. (監修)「ブロックチェーン」経営情報. Vol.552. 星和ビジネスリンク.
  13. 高木聡一郎(2018)「ブロックチェーン技術の展開と行政における活用の可能性」月刊J-LIS,Vol.4, No.12. 2018年3月. pp.30-35.
  14. 高木聡一郎(2017)「仮想通貨を用いた資金調達(ICO)はイノベーションを促すか」金融ジャーナル2017年12月号.
  15. 高木聡一郎(2017)「FinTechは通貨同盟を不要にするか」GLOCOM OPINION PAPER No.17. http://www.glocom.ac.jp/wp-content/uploads/2017/10/GLOCOM_OpinionPaperNo.17_17-008.pdf.
  16. 高木聡一郎(2017)「これからのITサービスには「内生的自己拘束性」が不可欠だ」GLOCOM OPINION PAPER No.15. http://www.glocom.ac.jp/wp-content/uploads/2017/09/GLOCOM_OpinionPaperNo.15_17-006.pdf.
  17. 高木聡一郎(2017)「限界費用ゼロ社会で起こる、「経済主体の分散」と「富の集中」とは?」テクノロジーの経済学 第1回. http://bizzine.jp/article/detail/2248.
  18. 高木聡一郎(2017)「ブロックチェーンで創造性を鍛えよう」GLOCOM OPINION PAPER No.12. http://www.glocom.ac.jp/wp-content/uploads/2017/02/GLOCOM_OpinionPaperNo.12_17-003.pdf.
  19. 高木聡一郎(2017)「ICOが可能とするベンチャー投資の民主化とは?」『Biz/Zine 連載 ブロックチェーンの可能性と課題』http://bizzine.jp/article/detail/.【Web article】
  20. 高木聡一郎(2017)「ブロックチェーン技術を活用した「ICO(Initial Coin Offering)」とは何か?」『Biz/Zine 連載 ブロックチェーンの可能性と課題』http://bizzine.jp/article/detail/2029.【Web article】
  21. 高木聡一郎(2016)「ブロックチェーンは「分散型社会」をもたらすのかを、組織経済学の視点で考察する」」『Biz/Zine 連載 ブロックチェーンの可能性と課題』http://bizzine.jp/article/detail/1958.【Web article】
  22. 高木聡一郎(2016)「ブロックチェーンの応用分野として有望なIoT――直面する「課題」と「もたらされるもの」 」『Biz/Zine 連載 ブロックチェーンの可能性と課題』http://bizzine.jp/article/detail/1948. 【Web article】
  23. 高木聡一郎(2016)「超高齢化時代に適したキャリアの柔軟化を考える」GLOCOM OPINION PAPER No.5. http://www.glocom.ac.jp/wp-content/uploads/2016/10/OpinionPaper2016_No5.pdf.
  24. 高木聡一郎(2016)「中央銀行デジタル通貨は何をもたらすか?」『Biz/Zine 連載 ブロックチェーンの可能性と課題』http://bizzine.jp/article/detail/1848. 【Web article】
  25. 高木聡一郎(2016)「ブロックチェーンと仮想通貨の可能性」『丸わかり!! フィンテック』洋泉社MOOK, pp.70-85.
  26. 高木聡一郎(2016)「デジタル通貨で始まるマネーの終焉?」『Biz/Zine 連載 ブロックチェーンの可能性と課題』http://bizzine.jp/article/detail/1731. 【Web article】
  27. 高木聡一郎(2016)「IoTとスマートコントラクトが作る“超自動化社会”とは?」『Biz/Zine 連載 ブロックチェーンの可能性と課題』http://bizzine.jp/article/detail/1693. 【Web article】
  28. 高木聡一郎(2016)「徹底理解ブロックチェーン データを紐づけ管理する基盤技術 無限に広がる応用可能性」週刊エコノミスト 2016年7月5日特大号.【雑誌記事】
  29. 高木聡一郎(2016)「ブロックチェーンの落とし穴―3つの苦手領域とビジネスチャンス」『Biz/Zine 連載 ブロックチェーンの可能性と課題』http://bizzine.jp/article/detail/1653. 【Web article】
  30. 高木聡一郎(2016)「ブロックチェーンは“スーパースター経済”の終焉をもたらすか?」『Biz/Zine 連載 ブロックチェーンの可能性と課題』http://bizzine.jp/article/detail/1596.【Web article】
  31. 高木聡一郎(2016)「ブロックチェーンはなぜ“破壊的”なのか―3つの要素から考えるビジネス活用」『Biz/Zine 連載 ブロックチェーンの可能性と課題』http://bizzine.jp/article/detail/1595. 【Web article】
  32. 高木聡一郎(2016)「ブロックチェーンは次世代のインターネットになるか-プラットフォームとサービスの潮流 」『Biz/Zine 連載 ブロックチェーンの可能性と課題』http://bizzine.jp/article/detail/1574. 【Web article】
  33. 高木聡一郎(2016)「誰がイノベーションに必要な情報を持つのか 「エッジ」に宿る力」『事業構想』2016年4月号. http://www.projectdesign.jp/201604/bigdata/002782.php. 【インタビュー記事】
  34. Takagi, Soichiro (2014) “Japan’s growing open data movement”, A Member Blog at Open Data Institute (UK). http://theodi.org/blog/japan-open-data.【Web article】
  35. 高木聡一郎(2013)「もう一つのオープンデータ:マイデータ動向」『行政&情報システム』2013年12月号, pp.59-62.
  36. 高木聡一郎(2013)「米国におけるオープンデータ新展開」『行政&情報システム』2013年10月号, pp.56-59.
  37. 高木聡一郎(2013)「オープンデータとBPRを考える」『行政&情報システム』2013年6月号, pp.61-65.
  38. 高木聡一郎(2012)「動き始めた日本のオープンデータ」『行政&情報システム』2013年2月号, pp.71-75.高木聡一郎(2012)「オープンデータの市場規模に迫る」『行政&情報システム』2012年10月号,pp.71-75.
  39. 高木聡一郎(2012)「欧州におけるオープンデータ政策(その2)」『行政&情報システム』2012年8月号, pp.71-76.
  40. 高木聡一郎(2012)「欧州におけるオープンデータ政策動向」『行政&情報システム』2012年6月号, pp.72-76.
  41. 高木聡一郎(2012)「我が国の課題とオープンガバメントの方向性」『行政&情報システム』2012年4月号, pp.57-61.
  42. 高木聡一郎(2011)「金融業のグローバル化と発展途上国の電子政府構築」『NODE:1』December 2011 (NTTデータ機関誌).
  43. 高木聡一郎(2011)「電子政府インフラの海外展開に向けて」日本生産性本部 『IT社会展望』(メールマガジン)22回 http://www.jpc-net.jp/cisi/mailmag/m174_pa6.html(2011年9月1日号)【Web記事】
  44. 高木聡一郎(2011)「電子政府インフラの海外展開に向けた課題」デジタルガバメント・ポータル(NTTデータホームページ http://e-public.nttdata.co.jp/topics_detail2/id=412)【Web記事】
  45. 高木聡一郎(2005)「eデモクラシーの新たな局面へ ネットとリアルの融合」コンセンサス・コミュニティ16号.
  46. 高木聡一郎(2005)「eデモクラシーと地域情報化の最前線」NTT技術ジャーナル平成17年10月号.
  47. 高木聡一郎(2003)「ICTを活用した議会と市民のコミュニケーション再構築」行政&ADP 2003年12月号.
  48. 高木聡一郎(2003)「市民参加の推進者へ向けて」コンセンサス・コミュニティ13号、2003年.

一般向け講演: Lectures, Speeches for Public Audiences

  1. 高木聡一郎(2020)「デフレーミング概念から考える~DX時代の生き残り方」関西生産性本部 経営研究会 第1回例会, 2020年7月22日.
  2. 高木聡一郎(2020)「デフレーミングと組織マネジメント・人材管理」デフレーミング戦略から読み解くアフターコロナの企業経営 #1 組織マネジメント・人材管理, 国際大学GLOCOM, 2020年7月21日.
  3. 高木聡一郎(2020)「技術革新と都市の未来~プラットフォームとデフレーミングから考える~」大丸有まちづくり協議会シンポジウム, 2020年7月20日.
  4. 高木聡一郎(2020)「スマートシティの未来 ~技術革新と集積メカニズムから考える~」東京オープンデータデイ2020, 2020年6月20日.
  5. 高木聡一郎(2020)「デフレーミング概念から考えるDXの本質と経営戦略への示唆」技術経営会議 デジタル変革による新サービス創造専門委員会, 2020年6月15日.
  6. 高木聡一郎(2020)「デフレーミング概念から考えるデジタル・トランスフォーメーションの本質」, 日経ビジネスイノベーションフォーラム デジタル経営改革2020, 2020年3月24日.
  7. 高木聡一郎(2020)「デジタル・トランスフォーメーション(DX)の本質~デフレーミング概念で読み解く「人フォーカスの時代」~」, 日本ファシリティマネジメント大会, 2020年2月21日.
  8. 高木聡一郎(2020)「デフレーミング概念から考えるデジタル・トランスフォーメーションの本質」一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)CIOエグゼクティブフォーラム, 2020年1月23日.
  9. 高木聡一郎(2019)「ブロックチェーン技術のビジネスへのインパクトと今後の課題」一般社団法人情報処理学会 連続セミナー2019『データ駆動で新時代を切り拓く 第6回:IT分野の研究開発動向を俯瞰する』、国立研究開発法人科学技術振興機構 東京本部別館、2019年12月9日.
  10. Soichiro Takagi (2019) “Innovation Capability: Implications from Social and Economic Transformation Driven by Blockchain Technologies, at International Workshop of Education on Digital Humanities Innovative Application in the Big Data Era 2019 (WEDHIA 2019), a satellite of 10th International Conference of Digital Archives and Digital Humanities (DADH), National Taiwan Normal University. December 5, 2019.
  11. 高木聡一郎(2019)「ブロックチェーン技術の概要とその社会的インパクト」東京西南ロータリークラブ、2019年12月3日.
  12. 高木聡一郎(2019)「デフレーミング概念から見たデジタル・トランスフォーメーションの本質と必要な経営戦略」MAXIMIZE TOKYO 2019, 2019年11月5日
  13. 高木聡一郎(2019)「ブロックチェーン技術が提示する社会的インパクトとその課題」日本女子大学理学セミナー, 2019年11月1日.
  14. 高木聡一郎(2019)「デフレーミング概念で読み解くデジタル・トランスフォーメーション(DX)の本質」慶應丸の内シティキャンパス 夕学五十講, 2019年10月10日.
  15. 高木聡一郎(2019)「デフレーミング概念から見るビジネスモデル、組織、働き方の未来」東京大学大学院情報学環, III/FII Lecture Series(学内のみ), 2019年9月20日
  16. 高木聡一郎(2019)「デフレーミング概念から見たDXの本質とインダストリー・イノベーション」, 日本マーケティング学会 インダストリーイノベーション時代のブランディング研究会 公開研究会, 2019年9月10日.
  17. 高木聡一郎(2019)「ブロックチェーン技術のビジネスインパクトとクラウドサービスへの影響」、ASPIC(ASP・SaaS・IoTクラウドコンソーシアム), 2019年7月22日.
  18. 高木聡一郎(2019)「ブロックチェーン技術がもたらすビジネスへのインパクト」、国際大学GLOCOM、日本IT特許組合共催セミナー、2019年7月22日.
  19. 高木聡一郎(2019)「デフレーミング概念から見る組織と個人の新たな戦略」、国際大学GLOCOM研究ワークショップ、2019年6月21日.
  20. 高木聡一郎(2019)「ブロックチェーン技術の展開とビジネスへの応用可能性」、中央大学国際情報学部、2019年6月20日.
  21. 高木聡一郎(2019)「ブロックチェーンのビジネスインパクト」東京向研会、株式会社ビジネス・ブレークスルー、2019年5月17日.
  22. 高木聡一郎(2019)「ブロックチェーンのビジネスインパクト」福岡向研会、株式会社ビジネス・ブレークスルー、2019年5月15日.
  23. 高木聡一郎(2019)「ブロックチェーンのビジネスインパクト」大阪向研会、株式会社ビジネス・ブレークスルー、2019年5月14日.
  24. 高木聡一郎(2019)「ブロックチェーンのビジネスインパクト」名古屋向研会、株式会社ビジネス・ブレークスルー、2019年5月13日.
  25. 高木聡一郎(2019)「デフレーミング概念から考えるデジタル・トランスフォーメーションの本質」, 日本IT特許組合/国際大学GLOCOM共催セミナー, 2019年5月30日.
  26. 高木聡一郎(2019)「デジタルトランスフォーメーションの本質と経済へのインパクト ~デフレーミング概念を手掛かりとして考える~」金融知力普及協会、2019年3月2日.
  27. 高木聡一郎(2019)「デジタル・トランスフォーメーションがもたらすビジネスモデルと社会の変革 ~デフレーミング概念による考察~」日本創造経営協会、2019年3月1日.
  28. 高木聡一郎(2019)「ブロックチェーン技術の仕組みと可能性」日本経営協会、2019年2月15日.
  29. 高木聡一郎(2018)講演「デジタルトランスフォーメーションのビジネス構想におけるテクニック」及びパネルディスカッションへの登壇、PwC×国際大学GLOCOM×CAC共催セミナー 『デジタルトランスフォーメーションにおけるビジネスモデル構想のテクニック<ブロックチェーンを題材にして>』、2018年11月27日(火)、https://www.pwc.com/jp/ja/seminars/a1181127.html?fbclid=IwAR0ZyjaDDl911Pif7tCb4lI4WuaaS88yRQpEXRYvBFKjDPGcYLNZe6OeYJ8. 
  30. 高木聡一郎(2018)「ブロックチェーン速習講座」インプレス、2018年10月12日.
  31. 高木聡一郎(2018)「ブロックチェーンは組織を不要にするか?」技術経営会議 本会議 ショート講演、2018年9月9日.
  32. 高木聡一郎(2018)「ブロックチェーンのビジネスモデル その理想と現実」週刊BCN主催 全国キャラバン 2018 in 横浜、2018年9月7日.
  33. 高木聡一郎(2018)「ブロックチェーン・エコノミクス」 の将来:ブロックチェーン技術は社会と経済にどのような影響を与えうるか」ブロックチェーンハブ、2018年8月31日.
  34. 高木聡一郎(2018)「ブロックチェーンは組織を不要にするか?」国際大学GLOCOM ブロックチェーン経済研究ラボ 2018年度第2回プレミアムセミナー、2018年8月30日.
  35. 高木聡一郎(2018) 「ブロックチェーンがもたらす分散型社会:その理想と現実」京都大学、2018年6月1日.
  36. 高木聡一郎(2018)「ブロックチェーン技術の産業における活用可能性」研究・イノベーション学会 国際問題分科会 5月例会 2018年5月9日.
  37. 高木聡一郎(2018)「ブロックチェーン界隈 2017年度の振り返り」国際大学GLOCOM ブロックチェーン経済研究ラボ プレミアムセミナー. 2018年3月8日.
  38. 高木聡一郎(2017)「ブロックチェーンと生産性向上」財務総合政策研究所、2017年12月21日. http://www.mof.go.jp/pri/research/conference/fy2017/inv2017.htm#04.
  39. 高木聡一郎(2017)「ブロックチェーンが提示する社会システムの変革とその課題」NTTデータ テクノロジーカンファレンス2017、2017年10月30日.
  40. 高木聡一郎(2017)「ブロックチェーン利活用の現状と課題 ~2017年の新展開~」新経済連盟、2017年10月13日.
  41. 高木聡一郎(2017)「ブロックチェーン応用の可能性と課題」Blockchain EXE、2017年10月11日.
  42. Soichiro Takagi (2017) “Blockchain Technology and Government”, at 51st ICA Conference, Tokyo, Japan. September 12th, 2017. Keio Plaza Hotel. The International Council for Information Technology in Government Administration.
  43. 高木聡一郎(2017)「ブロックチェーン技術の展開とビジネス活用に向けた課題」BCN Conference 2017, 2017年8月25日(金).
  44. 高木聡一郎(2017)「ブロックチェーン技術がもたらす分散型社会の可能性と課題」品川区ビジネス支援講座, 2017年8月23日(水).
  45. 高木聡一郎(2017)「ITがもたらす「分散化」と「富の分配」~ブロックチェーンを主な題材に~」日経・CSISバーチャルシンクタンク, 2017年8月2日(水).
  46. 高木聡一郎(2017)「ブロックチェーンがもたらす新たな社会システムの可能性と課題」IT検証フォーラム2017~つながる世界の第三者検証~, 2017年7月14日(金), 東京大学伊藤国際学術研究センター、伊藤謝恩ホール、http://www.ivia-forum.jp/.
  47. 高木聡一郎(2017)「ブロックチェーン技術と学術情報の流通」株式会社サンメディア、学術情報ソリューションセミナー, 2017年6月30日(金), 日本橋三井ホール. http://www.sunmedia.co.jp/information/2017solution_tokyo.pdf.
  48. 高木聡一郎(2017)「ブロックチェーン技術と学術情報の流通」株式会社サンメディア、学術情報ソリューションセミナー, 2017年6月27日(火), 阪急うめだホール. http://www.sunmedia.co.jp/information/2017solution_osaka.pdf.
  49. 高木聡一郎(2017)「ブロックチェーン技術がもたらす分散型社会の可能性と課題」マルチメディア推進フォーラム Part733, 2017年6月16日, IVY HALL 青学会館.
  50. 高木聡一郎(2017)「これからのキャリア形成と大学院での学び直し」熊本県立大学【70周年記念】公開講演会「学部生・社会人のための 大学院のススメ」, 2017年6月10日. http://www.pu-kumamoto.ac.jp/event/detail.php?id=60.
  51. 公開インタビュー、週刊BCN読者会、2017年6月8日.
  52. 高木聡一郎(2017)「ブロックチェーン技術がもたらす分散型社会の可能性と課題」社会情報学会・社員総会シンポジウム「ブロックチェーンと社会組織・意思決定 自律分散システムの展開を考える」東京大学本郷キャンパス 工学部2号館93B、2017年6月3日.
  53. 高木聡一郎(2017)「The Challenge of Distributed Society enabled by Blockchain Technology ブロックチェーン技術がもたらす分散型社会の可能性と課題」第1回サテライトオフィス誘致戦略研究会、国際大学南魚沼キャンパス、2017年6月1日.
  54. 高木聡一郎(2017)「ブロックチェーンの価値とIoT/クルマへの応用可能性」始まるクルマのブロックチェーン、日経Automotive、2017年5月31日、http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/seminar/16/032300365/?rt=nocnt.
  55. パネリスト:Consensus 2017 Roundtable “Get to Know Hyperledger’s Distributed Ledger Technologies & Use Cases.” May 22, 2017,  10:30 – 11:30 a.m, Duffy/Columbia room on the 7th-floor. Mariott-Marquis, New York City, https://www.hyperledger.org/event/consensus-2017#Monday.
  56. 高木聡一郎(2017)「ブロックチェーン技術の仕組みと分散型社会の可能性」情報機構、2017年5月15日、http://www.johokiko.co.jp/seminar_chemical/AC170505.php.
  57. コメンテーター:東京大学大学院情報学環・情報社会基盤卓越講義シリーズ‎ 第12回:Blockchain – Trust for the 21st Century? (ブロックチェーン – 21世紀の信用になるか?)講師:Dr. Catherine Mulligan, 2017年3月28日、東京大学ダイワユビキタス学術研究館 3F 石橋記念ホール、https://sites.google.com/site/iiidls2017/home/page-11.
  58. モデレーター:World’s Trend of the Innovation on Blockchain~ブロックチェーン・イノベーションの最新トレンド, 国際大学GLOCOM公開コロキウム、2017年3月28日. http://www.glocom.ac.jp/events/2323.
  59. コメンテーター:東京大学大学院情報学環・情報社会基盤卓越講義シリーズ‎ 第14回:The Cutting-Edge Trend of Innovation for Blockchain Technology in the U.S. 講師:Ms. Caterina Rindi, 2017年3月29日、東京大学福武ホール・ラーニングシアター、https://sites.google.com/site/iiidls2017/home/page-13.
  60. 高木聡一郎(2017)「ブロックチェーンがもたらす分散型社会の可能性と課題」同志社大学 技術・企業・国際競争力研究センター, ITEC セミナーシリーズ2「ビッグデータの相互利用促進に向けての課題とその克服」, 2017年3月23日, 同志社大学 東京サテライトキャンパス
  61. モデレータ:スタートアップ×地方創生フォーラム~ Forums on the Regional Development by Start-up Clusters~南魚沼セッション, 2017年3月17日, 国際大学, http://www.glocom.ac.jp/events/2306.
  62. モデレータ:スタートアップ×地方創生フォーラム~ Forums on the Regional Development by Start-up Clusters~東京セッション, 2017年3月16日, 国際大学GLOCOM, http://www.glocom.ac.jp/events/2306.
  63. 高木聡一郎(2017)「ブロックチェーン技術の概要と分散型社会の可能性 ~会計・簿記システム革新との関連を中心に~」ブロックチェーン技術と分散型組織, 社会・経済システム学会 関東部会研究会. https://sites.google.com/view/20170313jasess/.2017年3月13日.
  64. 高木聡一郎(2017)「未成熟な技術の『弱点』を理解すること」WIRED BUSINESS BOOTCAMP, BLOCKCHAIN SUNDAY ブロックチェーンでビジネスを革新せよ. http://wired.jp/business-bootcamp/2017/blockchain/. 講演およびモデレータ(ブロックチェーン革命、実現への課題 講師:三島一祥、水野祐、高木聡一郎). 2017年3月12日.
  65. 高木聡一郎(2017)「ブロックチェーンの概要と分散型社会」Global Design Hackathon:「Blockchain Hackathon: Pioneering the Future by the Hyperledger Iroha(ブロックチェーン・ハッカソン~irohaで作る新たな未来~)」、2017年3月11日.http://www.gcl.i.u-tokyo.ac.jp/events/20170311-0312-global-design-hackathon/.
  66. モデレータ:Session 2「人々の情報シェアがもたらす経済的インパクトと政策的検討」Innovation Nippon2016シンポジウム「情報の自由と活用を考える―政治・消費・対話のパラダイムシフト」2016年12月15日(木) 13:10~18:30、東京ミッドタウン カンファレンスRoom7、http://www.glocom.ac.jp/events/2022.
  67. 高木聡一郎(2016)「ブロックチェーンがもたらす情報と産業への革命」2016年11月15日、戦略経営研究会.
  68. 高木聡一郎(2016)「ブロックチェーンがもたらす 新しい経済システム」『国際大学GLOCOM研究ワークショップ ブロックチェーンがもたらす社会経済へのインパクト ~富の集中と格差拡大の終焉』、2016年10月13日.
  69. 高木聡一郎(2016)「ブロックチェーンがもたらす情報と産業への革命と法的課題」2016年9月29日、最先端企業法務研究会.
  70. モデレータ:パネルディスカッション「ブロックチェーンの安全性と汎用性を考える」GLOCOM View of The World ブロックチェーン・イノベーション2016 パネルディスカッション、2016年9月8日.
  71. 高木聡一郎(2016)「通貨に関するいくつかの論点」GLOCOM View of The World ブロックチェーン・イノベーション2016 パネルディスカッション、2016年9月8日.
  72. 高木聡一郎(2016)「ブロックチェーンの概要と可能性」GLOCOM View of The World ブロックチェーン・イノベーション2016 基調講演、2016年9月8日.
  73. モデレータ:「特別対談:スマートコントラクトが社会にもたらす影響、Joseph Lubin × Marley Gray × Andrew Keys × 高木聡一郎」、「ブロックチェーン産業の未来×スタートアップ、野口 悠紀雄 × 佐野 究一郎× 佐藤 智陽 × 高木聡一郎」、スマートコントラクト・カンファレンス、2016年7月26日. New!
  74. 高木聡一郎(2016)「非金融分野における ブロックチェーン活用への模索」NTTデータ「豊洲の港から」、2016年6月21日.
  75. 高木聡一郎(2016)「ブロックチェーンがもたらす 情報と産業への革命」、GLOCOMブロックチェーン経済研究ラボ 第2回セミナー「ブロックチェーンの概要と発展可能性2」、2016年5月18日.
  76. 高木聡一郎(2016)「ブロックチェーンがもたらす 情報と産業への革命」、GLOCOMブロックチェーン経済研究ラボ 第1回セミナー「ブロックチェーンの概要と発展可能性」、2016年4月26日.
  77. 高木聡一郎(2015)「企業におけるオープンイノベーション」、ASPICクラウドフォーラム、オープンイノベーション・トラック、パネルディスカッション、2015年9月16日
  78. 高木聡一郎(2015)「オープンデータが実現する新しい地域社会」、日本経営協会 行政管理講座、2015年7月27日
  79. 高木聡一郎(2015)「EUのPSI指令の改訂と対応状況について ~英国での論点を中心に~」自治体広報誌オープンデータ推進協議会、国際大学GLOCOM
  80. 高木聡一郎(2014)「オープンデータのビジネス活用に向けて」ITproEXPOパネルディスカッション、2014年10月16日. 【パネルディスカッション】
  81. 高木聡一郎(2014)「オープンデータが拓く新たな『イノベーション・システム』」NTT DATA Innovation Conference 2014. 【講演】
  82. 高木聡一郎(2013)「米国におけるオープンデータ最新動向」Open Knowledge Foundation Japan主催「オープンデータ・トークシリーズ」【講演】http://okfn.jp/2013/10/30/opendatatalk06/
  83. 高木聡一郎(2013)「オープンデータと日本のイノベーション」『セマンティックWebコンファレンス2013 基調講演』2013年3月7日.【講演】
  84. 高木聡一郎(2013)「オープンデータの概要 ~諸外国の事例から」『自治体クラウド&マイナンバー最前線 第8回オープンデータ・ビッグデータの利活用-電子行政化と社会インフラ化による成果・効果』2013年2月14日.【講演】
  85. 高木聡一郎(2012)「欧州におけるオープンデータ政策の現状」国際大学GLOCOM公開シンポジウム『オープンデータが拓く未来』【講演】
  86. 高木聡一郎(2011)「電子政府の海外展開と日本のITサービス産業」国際大学GLOCOM公開コロキウム『公共系ITソリューションの海外展開は可能か―韓国とシンガポールを参考に』2011年9月30日【講演】
  87. 高木聡一郎(2011)「オープンデータに関する欧州最新動向」国際大学GLOCOM公開コロキウム『オープンデータに関する欧州最新動向と日本における可能性』【講演】
  88. 高木聡一郎(2004)「eデモクラシーから見た自治体情報システムの将来構想」地方自治情報化推進フェア.

その他の研究ワークショップ等: Other Academic Workshops

  1. Takagi, Soichiro. (2016) “Blockchain: The Revolutionary Innovation to Change Industry and Economy”, International Workshop on ICT Development in East Asia, Institute for Communication Arts and Technology, Hallym University, South Korea, August 29-30, 2016. New!
  2. Takagi, Soichiro. (2012) “Foreign Direct Investment in Service Sector and National Culture” at workshop at Academia Sinica, Taiwan.
  3. Takagi, Soichiro. (2010) “Foreign Direct Investment in Service Sector and National Culture” at Joint conference of The University of Tokyo and Tsinghua University.
  4. 高木聡一郎(2005)「市民と行政のコラボレーション:多くの市民が参加する「計画づくり」が物語るもの」ワークプレイスフォーラム(国土交通省主催).
  5. 高木聡一郎(2005)「三鷹市e市民参加プロジェクトより」地域メディア研究会.

博士論文: Ph.D Dissertation

  1. Soichiro Takagi (2014) “Information Technology, Organization, and the Japanese Economy”, Graduate School of Interdisciplinary Information Studies, The University of Tokyo (東京大学大学院学際情報学府).