書籍『デフレーミング戦略』予約開始

私の新著『デフレーミング戦略 アフター・プラットフォーム時代のデジタル経済の原則』が、Amazonにて予約開始となっております。7/16発売予定です。

417SSPmOIYL._SX339_BO1,204,203,200_

プラットフォーム、キャッシュレス、ニューリテール、信用スコア、ブロックチェーンなど最新のテクノロジーとビジネス動向を踏まえ、今後のビジネスモデルから組織の形、働き方までを幅広く論じています。

その核となるキーワードとして『デフレーミング』(フレーム:枠が崩壊するという意味の造語を提示しました。

どうぞお手に取ってご覧ください。

内容紹介(Amazonより)

本書の目的は、「デフレーミング」という概念でデジタル化がビジネスや経済に与える本質的な影響を明らかにすることです。

「デフレーミング」とは、枠(フレーム)が崩壊するという意味の造語。デジタル技術が社会経済に与える影響を理解するための共通的なフレームワークとして、ビジネスモデル、企業のビジネス戦略から、私たちの働き方、キャリア設計、学び方にいたるまで、あらゆる変化をとらえる鍵となります。

デフレーミング戦略とは、伝統的な製品、サービス、組織などの「枠」を越えて、それらの内部要素をデジタル技術で組み直すことで、ユーザーにより最適化されたサービスを提供できるようにすること。従来の「サービス」や「組織」といった「枠」がなくなる時代に、万人に受けるパッケージ化されたものから、ユーザーに個別最適化されたものに転換させ、企業という枠で仕事を受発注するのではなく、個人のスキルやリソースを個別に特定して取引するビジネスの考え方です。

本書では、その様々な現象や事例を通じて、今後のビジネスやサービスの変化を考察するとともに、近年クローズアップされている「デジタル・トランスフォーメーション」(DX)についても、それが社会に与える深い影響を、明らかにします。

【本書に出てくるトピック、キーワード】
・デフレーミングというフレームワーク
・デジタルトランスフォーメーション
・GAFAの今後の展開
・中国 アリババ、テンセント、Line,WeChat、インスタグラム、美団、ZOZO
・個人の信用経済と決済、電子マネー
・プライバシー問題
など

 

KDDI Foundation Awardを受賞しました

KDDI財団が設立10周年を記念して新たに設置した「KDDI Foundation Award」を受賞しました(KDDI財団プレスリリース)。

(プレスリリースより)
===
本賞設立の目的は、ICTが拓く豊かな未来社会の実現を目指し、技術、産業、制度、社会、文化、医療等の研究において、ICTの普及・発展、グローバル化、ICTを利活用した社会的課題の解決など、社会の持続的発展に貢献する優れた業績を表彰するものです。将来新たな価値を創造する可能性のある研究や想像を超えた社会変化をもたらす研究など、波及効果が大きく社会的に大きなインパクトを与える研究を対象に、一般公募を行いました。

(中略)

国際大学 グローバル・コミュニケーション・センター 教授
高木 聡一郎(たかぎ そういちろう)
受賞業績: 情報技術が社会に及ぼす影響を経済学の視点から捉えた研究
概要: 情報技術が企業組織構造の変化を通じて経済全体に与える影響の分析、オフショア・アウトソーシングやクラウドソーシングなどを対象とした統合的な分析への取り組みと産業・社会の発展への関連性を追求
===

e4430e9dfab45448b5446262ed4355dd-510x340(出典:KDDI財団ウェブサイト)

私の研究は、情報技術が企業組織の変化を通じて、経済にどのような影響を与えているかを明らかにすることを中心としています。つまり、「テクノロジー」、「組織」、「経済」という3者の相互関係を明らかにするものです。

今回頂いた賞の主な対象となっているのは、オフショア・アウトソーシングやクラウドコンピューティングなど、情報技術によって組織構造が業務・機能単位に分解され、国境を越えて組み替えられていく姿と、その影響を経済学の視点から明らかにしたものです。この内容は「Reweaving the Economy: How IT Affects the Borders of Country and Organization」として出版させていただきました。

その後、ブロックチェーン技術を取り上げ、この技術がいかにして雇用関係にない不特定多数の人々による業務分担を可能にし、決済とはじめとするサービスの提供を実現しているのか、その影響は何か、どこまで応用可能性があるのかというテーマに取り組んできました。この辺の研究は、「ブロックチェーン・エコノミクス 分散と自動化による新しい経済のかたち」や「Blockchain Economics: Implications of Distributed Ledgers」で書かせていただいています。

そして、現在取り組んでいるのは「デフレーミング」という概念です。これは従来の枠(フレーム)がなくなるという意味の造語ですが、「企業」「組織」「サービス」といった従来の枠組みが崩壊し、その内部要素が重要性を持つようになり、要素同士がつながりあって新しい価値を生み出すというものです。例えば銀行サービスの一部であった「送金」と、通信サービスの一部であった「チャット」が組み合わさって、WeChat Payのような仕組みができつつあります。また、企業という枠組みに依存せずにフリーランスやクラウドワーカーとして働く人、スタートアップなど小規模な組織で活躍する人も増えています。

こうした「枠」に依存しない経済システムは、取引コストの劇的な削減によってもたらされているものであり、今回の受賞のきっかけとなったオフショア・アウトソーシングなどの業務単位の分解の延長線上にあります。この変化は、企業にとってはビジネスモデルとドメインの考え方を根本から見直す必要性を提示しており、個人にとっては会社に依存しない働き方や社会保障をどのように実現するかという問題を提起しています。

こうした「デフレーミング」の概念に基づく新しい経済システムについて検討を進めていますが、この第一弾として、書籍「デフレーミング戦略」が翔泳社より2019年5月に発刊予定です。どうぞお楽しみに。