ブロックチェーン技術を活用したシステムの評価軸

経済産業省から、「ブロックチェーン技術を活用したシステムの評価軸ver1.0」が公開されました。私はこの検討を行った委員会で、委員長を務めさせて頂きました。

「ブロックチェーン技術を活用したシステムの評価軸ver1.0」を策定しました(経済産業省)

どうぞご活用ください。

ブロックチェーンにおける組織経済的問題

昨日、東京大学で開催されたDr. Catherine Mulliganの講演会で、コメンテーターを務めさせて頂いた。その時の自分の主なコメントを備忘録として記録しておきたい。

分散型社会におけるイノベーションの報酬

もしブロックチェーンが、人が介在しないサービスを可能にするとしても、誰かがイノベーションのリーダーシップを取り、労力をかけてサービスを開発しなければならない。その対価をどのようにして得るか。

仲介者の不在はより激しい競争をもたらすか?

企業が従業員と取引先の仲介者であると仮定し、ブロックチェーンがそうした企業の機能を置き換えると仮定する。しかし、伝統的企業(階層的組織)においては、従業員が権威者(上司)の指示に従うことによって一定の収入を得るという性質を持つ。もしそうした権威を伴う仲介者が不在となれば、個人間のより競争が激しい社会になる可能性は無いか?

信用の仲介者は、付随する様々な責任もとってくれるのではないか?

取引においては情報の正確性や耐改ざん性だけでなく、取引相手の機会主義的な行動や、なりすましなど、様々なリスクが内在する。仲介者として信用を提供している主体は、こうした様々なリスクもカバーし、一定の責任を取ってくれる機能を果たしているのではないか?(Trust provider = Responsibility takerの問題)

上記を含め、私が以前から研究分野としてきた組織経済学の観点から興味深い論点はたくさんある。

ブロックチェーンを使う価値とは何か

先日の社会・経済システム学会の研究会でも話題になったが、ブロックチェーンについては、「結局ブロックチェーンを使うと何がいいんだっけ?」という点について議論になることがある。

ブロックチェーンは多様な特性や使い方、バリエーションがあるため、一概に言えないことが、議論を混乱させる面があるが、一旦現時点での考え方をラフにまとめておいたので示しておきたい。

以前にも書いたが、ブロックチェーンには3つの要素が含まれている。スライド1

この要素を出発点としつつ、現時点でブロックチェーンの活用には3つの方向性があるだろう。第一が一般的なデータベースの代わりとして使うというもの。第二が仮想通貨やトークンの機能を中心に使うもの。そして第三に自律分散的なサービスの仕組みとして使うというものである。

それぞれの使い方の例と、メリット、そしてデメリット・課題を以下の表にまとめた。スライド1

詳細の説明は割愛するが、個別的なメリットと、共通的なメリットがあるだろう。個別的なメリットには、低コストでスピーディな開発が可能、低コストな送金・決済が可能といったものがある。

しかし、より共通的な、また本質的なメリットは、おそらく「情報や通貨の信頼が、組織への信頼に依存しない」ということに尽きるのではないかと思う。従来であれば、「◯◯会社が発行・運用しているものだから安心」、「◯◯協議会が運営しているものだから信頼できる」として、ユーザーが受容していた。

ブロックチェーンを使う場合は、こうした組織への信頼を、アルゴリズムへの信頼で置き換える形となる。したがって、設立間もないベンチャー企業が立ち上げたデジタル通貨でも、一定の信頼を持ってユーザーが受容することができる。

逆に言えば、アルゴリズムの透明性を保ち、信頼を担保できるかは大きな課題だ。

この辺は、ユーザーの受容性という主観に関わる部分なのでまだまだ議論の余地があるところだが、「組織への信頼」に依拠する場合には、そうした組織を立ち上げ、確立するためのコストが膨大にかかる。こうした組織を立ち上げるための社会的なコストが削減されるというのが、最も大きなメリットなのかもしれない。

World’s Trend of the Innovation on Blockchain~ブロックチェーン・イノベーションの最新トレンド

※本イベントは満席となりました。

国際大学GLOCOMで、米国シリコンバレーからCaterina Rindiさん、英国ロンドンからCatherine Mulliganさんを招き、下記のイベントが開催されます。私もモデレータを務めさせて頂きます。

World’s Trend of the Innovation on Blockchain~ブロックチェーン・イノベーションの最新トレンド

ブロックチェーン技術を巡っては、世界各地で急速な開発が行われている。中でも、プラットフォーム技術の開発や、様々な領域におけるPoC(プルーフ・オブ・コンセプト)が盛んにおこなわれている。本国際セミナーでは、米国と英国からブロックチェーン関連のイノベーションに精通する識者を招き、世界の最前線で行われているイノベーションを概観し、その国際比較を試みる。特に、どのような分野やテーマにおいてイノベーションが進んでいるか、また技術開発やスタートアップ企業を取り巻くエコシステムの状況、人材の育成や確保などのテーマで、米国、英国、日本の状況を比較しつつ、議論を深める。(開催趣旨より)

本イベントは満席となりましたが、Rindiさん、Mulliganさんをお招きしたセミナーは東京大学でも開催されます。(私もコメンテーターを務めさせて頂きます。)

米英の最新状況を把握できる貴重な機会ですので、どうぞ奮ってご参加ください。

3/27 講義タイトル:Blockchain – Trust for the 21st Century? (ブロックチェーン – 21世紀の信用になるか?)
講師:Dr. Catherine Mulligan

https://sites.google.com/site/iiidls2017/home/page-11

3/29 講義タイトル:The Cutting-Edge Trend of Innovation for Blockchain Technology in the U.S.
講師:Caterina Rindi

https://sites.google.com/site/iiidls2017/home/page-13

 

 

 

 

 

スタートアップ×地方創生フォーラム

東京・六本木の国際大学GLOCOMと、新潟県南魚沼市の国際大学で開催された「スタートアップ×地方創生フォーラム~ Forums on the Regional Development by Start-up Clusters~」にモデレータとして登壇しました。(3/16:東京、3/17:南魚沼)

情報技術を活用したスタートアップ企業の創業が盛んになりつつある。その背景として、情報技術の発展により、多彩なビジネスモデルの創出が可能になったことに加え、従来の産業と比較して創業のコストが低減し、少ない資金で事業を始めることが可能となったことが挙げられる。その一方で、情報技術を活用した事業の特性として、場所の制約から比較的自由であるという面がある。そのため、地方で創業したり、地方にサテライトオフィスと構える企業も出てきている。このような中、地域においてスタートアップ企業を育成したり、誘致することにより、その地域の活性化を図る取り組みを行える可能性が出てきている。
地方がスタートアップ企業を誘致し、育成するためにはどのような条件が必要だろうか。また、企業には地方に立地することで、どのようなメリットがあるのだろうか。本フォーラムでは、国際色豊かな学生が集まる国際大学が立地する南魚沼市との連携のもと、東京および南魚沼市でフォーラムを開催し、スタートアップ企業の集積による地方創生の可能性について議論を行う。(開催趣旨)

このフォーラムでは、IT産業を地方に集積させることによって、その地域を発展させるためにはどうすればよいか、を議論しました。

議論の中では、現代のスタートアップビジネスにおいては「ドルフィン戦略」(ゼロサムではなく協力してポジティブサムを目指すこと)や情熱が重要であること、そしてイノベーションのためには社会的なDensity(集積度)が重要であることが指摘されました。そのような中で、南魚沼エリアの様々な魅力(ウィンタースポーツ、食、自然)や、世界中から学生が集まっている国際大学の強みをどのように活かしていけるか、議論を行いました。また、高齢化や人材の希少性、地元企業との連携などの課題についても議論になりました。

IT産業、特にスタートアップの集積においては、様々な論点があります。

  • 自治体と連携した様々なテストベッド
  • 地元企業との連携
  • 人材
  • 都市部(東京)との連携
  • メンター
  • ベンチャーキャピタル等の資金援助

今後、こうした点も含めて現代的なIT産業クラスターについても考えていきたいと思います。

ブロックチェーンに関する講演

最近、立て続けにブロックチェーンに関する講演を行いました。

3/11 「ブロックチェーンの概要と分散型社会」Global Design Hackathon:「Blockchain Hackathon: Pioneering the Future by the Hyperledger Iroha(ブロックチェーン・ハッカソン~irohaで作る新たな未来~)」、http://www.gcl.i.u-tokyo.ac.jp/events/20170311-0312-global-design-hackathon/.

  • Hyperledger Irohaを使った2日間のハッカソン。初日にブロックチェーンの概要と様々なユースケースについて話題提供させて頂きました。活発な質問を頂きました。その後のハッカソンの成果が楽しみです。

3/12 「未成熟な技術の『弱点』を理解すること」WIRED BUSINESS BOOTCAMP, BLOCKCHAIN SUNDAY ブロックチェーンでビジネスを革新せよ. http://wired.jp/business-bootcamp/2017/blockchain/. 講演およびモデレータ(ブロックチェーン革命、実現への課題 講師:三島一祥、水野祐、高木聡一郎).

  • WIREDさんのイベントで講演とモデレータをさせて頂きました。素晴らしいパネリスト陣で私も大変勉強になりました。

3/13 「ブロックチェーン技術の概要と分散型社会の可能性 ~会計・簿記システム革新との関連を中心に~」ブロックチェーン技術と分散型組織, 社会・経済システム学会 関東部会研究会. https://sites.google.com/view/20170313jasess/.

  • ブロックチェーンが会計・簿記システムの変革にどのように貢献できるか、議論を行いました。

講演をさせて頂くことで、様々な出会いがあり、私自身も勉強になっています。