地域社会でのブロックチェーン技術活用に関する実証研究を開始(GLOCOMプレスリリース)

【プレスリリース】地域社会でのブロックチェーン技術活用に関する実証研究を開始

国立大学法人東京大学
公立大学法人会津大学
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
ソラミツ株式会社

国立大学法人東京大学(以下、東京大学)、公立大学法人会津大学(以下、会津大学)、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(以下、GLOCOM)、ソラミツ株式会社(以下、ソラミツ)は、2016年6月20日、ブロックチェーン技術を活用した地域通貨の実証研究を行うため、共同研究契約を締結しました。本共同研究契約に基づき、会津地域を中心に、ブロックチェーン技術を活用した地域通貨やアプリケーションの試作、実証実験、効果検証等の研究を行っていきます。

続きはこちら

学び直しの方法論 社会人から大学院へ進学するには

私の初めての単著作品になりますが、「学び直しの方法論 社会人から大学院へ進学するには」という書籍を発刊させて頂くことになりました。

51iRMvXVa4L

本書は、働きながら大学院に行ったり、資格を取ることに興味のある方にはぜひご一読頂きたいお勧めの本です。

私の体験をもとにノウハウを凝縮しています。さらっと1日で読めるような本なので、ぜひご覧下さい!

 

ブロックチェーン・イノベーション2016

9月8日(木)に、国際大学GLOCOM主催でブロックチェーン・イノベーション2016というシンポジウムが開催されます!

私は基調講演やパネルに登壇します。他ではなかなか聞けない豪華なメンバーが登壇しますので、ぜひ奮ってお越しください。

===

GLOCOMではこの度、GLOCOM View of the World シンポジウム2016のシリーズ第2回として、「ブロックチェーン・イノベーション2016」を開催いたします。

ブロックチェーンは、ビットコインの基盤技術として考案・発展してきたものですが、過去から現在までの取引情報を集約・連結することで取引の証明を容易に行えるとともに、その維持管理をP2P(Peer to Peer)ネットワークで行える等の特徴を持っています。ブロックチェーンは決済から、台帳管理、モノのネットワーク、組織運用まで幅広く影響を与える可能性があり、その応用は、経済システムの働きや経済全体のアウトプットに影響を与える可能性も考えられます。このような背景から、国際大学GLOCOMでは、本年3月より「ブロックチェーン経済研究ラボ」を設置し、技術動向を調査するとともに、ブロックチェーンの社会実装が、経済・社会の諸側面にどのような影響を与えうるか研究を行ってきました。
我が国においては、この数年の間、基盤技術から社会への応用に至るまで、幅広く技術開発やPoC(Proof of Concept)が行われてきました。その一方、ブロックチェーンをどのように使うことができるのか、今後どのような社会をもたらすのか、未知数の部分も少なくありません。そこで、本シンポジウムでは、様々な角度からブロックチェーンを取り巻く現状と課題に光を当てることで、ここまでのブロックチェーンの展開を概観するとともに、今後の発展可能性や日本経済への影響について考えます。

日時

2016年9月8日(木)13:00-17:00

会場

千代田区立日比谷図書文化館(B1F 日比谷コンベンションホール)

定員

120名

参加費

7,560円(税込)

主催

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)
国際大学GLOCOM ブロックチェーン経済研究ラボ

後援

経済産業省(予定)

プログラム

13:00-13:05 開会のご挨拶

13:05―13:45
基調講演「ブロックチェーンの概要と可能性」
高木 聡一郎(国際大学GLOCOM 主幹研究員)
13:45―14:30
特別講演「情報システムとしてのブロックチェーンの可能性(仮)」
榊原 彰(日本マイクロソフト株式会社 CTO)

14:30-14:40 休憩

14:40-15:30
パネルディスカッション①「ブロックチェーンと通貨の未来」
岩下 直行(日本銀行 決済機構局 審議役・FinTechセンター長)
武宮 誠(ソラミツ株式会社代表取締役/共同最高経営責任者)
高木 聡一郎
【モデレータ】田中 秀幸(東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 教授)

15:30-15:35 小休憩

15:35-16:45
パネルディスカッション②「ブロックチェーンの安全性と汎用性を考える」
楠 正憲(ヤフー株式会社 CISO Board / 国際大学GLOCOM 客員研究員)
榊原 彰
佐野 究一郎(経済産業省 商務情報政策局 情報経済課長)
高城 勝信(日本IBM株式会社 ブロックチェーン・アーキテクト)
松尾 真一郎(MITメディアラボ 研究員) ※遠隔参加
【モデレータ】高木 聡一郎